消防設備点検
サービス一覧良くある質問会社概要お問い合せ

SUNLEADの消防設備点検

SUNLEADでは、これまで多くの消防設備点検を行ってきました。 その経験とノウハウはもちろん、現場で感じ、耳にしたお客様や関係者の皆様の声を考慮した、 消防設備点検を行っています。 女子寮等の女性が多い建物のオーナー様からご依頼をいただいた際は、 女性チームで点検を行ったり、点検スタッフを女性にする等の対応をさせていただいております。 お客様に安心して過ごせる環境を提供する当社としては、当社の業務においても安心してサービスを 受けていただきたいと考えております。 何かご不明な点や不安等ありましたらお気軽にご相談ください。

SUNLEADの消防設備点検

消防設備点検とは

消防用設備(消火器や自動火災報知設備など)が正常に動作するかを定期的に点検することです。
この定期点検は消防法で義務付けられているため、違反した場合は、30万円以下の罰金又は拘留の罰が与えられます。
なお、点検は消防設備士又は消防設備点検資格者に実施させ、その結果を消防署長等に報告することが義務付けられています。

消防設備点検とは

管理者が知っとくべき点検の決まり事
点検期間と回数

1年に2回の定期点検があります。
半年に1回外観点検と機能点検を実施します。1年に1回総合点検を実施します。


管理者が知っとくべき点検の決まり事

点検報告期限

建物によってことなります。
■ 特定防火対象物(ホテル・飲食店・遊技場・病院等の不特定多数の人が出入りできるような建物)
→1年に1回
■非特定防火対象物(学校、共同住宅、作業場、事務所等 特定の人のみが出入りできる建物)
→3年に1回


管理者が知っとくべき点検の決まり事

点検の種類

■外観点検:消防設備当の設置状況及び機器の適正な配置、変形、損傷、漏水等の有無。
       その他主として外観から判別できる事項を確認します。
■機能点検:消防設備等の機器の機能について外観から又は簡易的な操作をすることにより判別できる
       事項を点検基準に従い確認します。
■総合点検:消防設備の全部もしくは一部を作動させ、又は当該消防設備等を使用することにより、
       当該消防設備等の総合的な機能を点検基準に従い確認します。


管理者が知っとくべき点検の決まり事

違反した際の罰則

建物の管理者は点検を行った後、消防機関へ報告することが義務づけられています。
これに違反した場合は、30万円以下の罰金又は拘留の罰が与えられます。


消防設備点検の流れ

防災・消防設備のことならお気軽にご相談ください。
防災・消防設備のことならお気軽にご相談ください。 メールでのお問い合せはこちら